スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トチノキ」を植林(と言っても一本だけど)

東京のFさんから「トチノキ」の苗が宅急便で昨日届いた。

DSCN5444_R.jpg

DSCN5445_R.jpg

DSCN5446_R.jpg
「画像をクリックで拡大」

いただいた「トチノキ」をうちの畑のそばの山に植えた。

DSCN5492_R.jpg

DSCN5493_R.jpg

DSC02809_R.jpg
「画像をクリックで拡大」

ネコ(一輪車)に苗を積んでいき、植林しました。
その模様をビデオで撮りましたのでどうぞ。

【植林・パート1】


【植林・パート2】


この「トチノキ」について調べてみた。


【トチノキ】(フリー百科事典ウィキペディアより)

トチノキ(栃、橡、栃の木、学名:Aesculus turbinata)とは、トチノキ科(APG植物分類体系ではムクロジ科とする)トチノキ属の落葉広葉樹。
近縁種でヨーロッパ産のセイヨウトチノキ (Aesculus hippocastanum) が、フランス語名「マロニエ:marronnier」としてよく知られている。

落葉性の高木で、温帯の落葉広葉樹林の重要な構成種の一つ。水気を好み、適度に湿気のある肥沃な土壌で育つ。谷間では、より低い標高から出現することもある。サワグルミなどとともに姿を見せることが多い。
木はとても大きくなり高さ25m、太さも1mを越えるものが少なくない。葉も非常に大きく、この区域では最大級の葉である。葉柄は長く、その先に倒卵形の小葉5~7枚を掌状につけ(掌状複葉)、全体の長さは50cmにもなる。葉は枝先に集まって着く。
5月から6月にその葉の間から穂状の花序が顔を出す。穂は高く立ち上がり、個々の花と花びらはさほど大きくないが、雄しべが伸び、全体としてはにぎやかで目立つ姿である。花は白~薄い紅色。
ツバキのものを大きくしたような丸い果実が熟すと厚い果皮が割れて少数の種子を落とす。種子は大きさ、艶、形ともに、クリのてっぺんのとんがりをなくして丸くしたようなものを想像すれば、ほぼ間違いない。ただし、色はより黒っぽい。
日本では東日本を中心に分布、中でも東北地方に顕著に見られる。



パート2の映像にある観音様のそばのクスノキくらいに大きくなるといいね。

錦帯橋を勝手に応援する会
よねらの自分パソコン教室
よねら・ともだちのわ
岩国南88霊場と岩国往来を勝手に歩く会
よねら・岩国市イベント情報
よねらの明るい農村
岩国地方史研究を勝手に応援する会
錦帯橋を勝手に応援する会+美竹林ボランティア錦川
地域活性・まちづくりを勝手に応援する会
管理人
よねら


ヘルプしているブログ
美竹林ボランティア錦川
岩国BoomBoom
岩国喜香会
吉川史料館・館長日記
里山クラブ岩国


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。